2020年3月11日水曜日

カワウソ

現在制作中の短編アニメーション "カワウソ" 。 長い時間をかけて制作しているが、これがどの様な形で終わるのか、自分にも未だに分かっていない。ただ言い方を変えれば非常に贅沢な時間の使い方をした仕事であり、現状を受け入れつつ、これをコツコツと作り続けるしかないと思っている。
今日は9年目の日。あれからこの国はどれほど変われたのだろうか。


1 件のコメント:

  1. セルネフとリリタアルを拝見して、質の高さと不思議感に捕らわれました。 一瞬何か頭に浮かんで何だっけって考えていたら、ヴォイニッチ手稿という誰も解読できない不気味な古文書の世界でした。 都市伝説の類いと思われるのですが、幼い子が川遊びで溺れて、半分の魂が向こうの世界に行ってしまい、そこは自然界の方が主人で人は臓器の一部のように存在しており、植物たちが用意した液包の中で幻覚を見ながら生かされていたのだそうな。結局ヴォイニッチの世界に飛ばされてしまった魂は、何年も後でリアルな世界の自分と合体したのだそうだ。

    カワウソ、不思議なタイトルですね。少女が人間らしくなくなってカワウソになる? 我々が住む現実世界ではニホンカワウソは絶滅したことになっているが、それが本当の現実か確かめる方法は困難で、もしかしたら絶滅しかかってるのは人間だったりするのかも知れません。

    返信削除

カワウソ

現在制作中の短編アニメーション "カワウソ" 。 長い時間をかけて制作しているが、これがどの様な形で終わるのか、自分にも未だに分かっていない。ただ言い方を変えれば非常に贅沢な時間の使い方をした仕事であり、現状を受け入れつつ、これをコツコツと作り続けるしかないと...