2023年1月2日月曜日

ウサギの跳躍

20代の頃、Macintoshのハイパーカードを使って、ウサギの絵をクリックするとランダムに様々な方向にウサギが飛び跳ねるというインタラクティブアニメーションを作ったことがある。ウサギが飛び跳ねる方向は人には予測できないという話から思い付いたように記憶しているが、今にして思えばアイディアをすぐに具現化できるツールに夢中になっていた時期でもあった。現代においてはスマホ一つあれば、大体のことは事足りる。と言うのは言い過ぎかもしれないが、小さなコンピューターを持ち歩いていることに違いはない。テクノロジーは人の欲望が尽きない限り進化していくのかもしれないが果たしてそのテクノロジーの力によってわたしたちはどれだけ幸せになっただろうか、”楽ちん”=”幸せ”という図式は単純な思い込みでしかなく、その思い込みによって逆にわたしたちの生活は”見えない不自由”を強いられてきているようにも見える。

この先、エネルギー問題や食料問題等、様々な問題をテクノロジーの力のみで解決しようとすればどこかで必ず歪みが生まれ、やがてそれが大きな負荷となってわたし達に戻ってくるのは間違いない。