2022年11月25日金曜日

1★9★3★7

「1★9★3★7」(辺見庸著)読了。
この国の歴史の川底にはドス黒い泥が幾重にも堆積しているのか、"今"私たちが立っているのはその泥の遥か上を流れる上澄のような水面であり、私たちは長い間、川底の泥を搔き上げる事も、触れる事も、まして見る事もせぬまま過ごしてきたのかもしれない。
もし、ここに屈み込み水面に手を差し込みぐるぐると掻き回せば、川底の黒い泥は少しは巻き上がるのだろうか。

タイトル「1★9★3★7」はイクミナと読む。”皆で行く”である。今現在もイクミナは続いており、私たちは未だにそれに抗う術を知らないままである。

装画は山下清「観兵式」1937年の作品


0 件のコメント:

コメントを投稿